サプライズ隊がいく!

交流会

りんりんサプライズ隊がいく!

2023年12月3日(日)ラコルタ柏2階多世代交流スペース13:30~15:30  メリメロクリスマス会、ラスト30分をジャック!

『メリメロクリスマス会』

メリメロはフランス語で「ごちゃ混ぜ」を意味し、主に色々な具材を
使ったサラダに使われています。「共生の街づくり」というイメージにマッチし福祉でも使われるようになりました。柏市手をつなぐ育成会さんは今年障害のイメージを外しいろんな人が集まって楽しめるきっかけになればとメリメロXmas会の名称で行います。

共催:おもちゃ図書館「かたつむり」
社会福祉協議会多世代交流担当

思い起こせば3月前・・・

「動かなければ、無理は100も承知!
交流を持ち、輪を繋げていくことがりんりん交流会だけど動いて、
動いて小さくとも本当に活動をする為の会を作りたい。
出していただける場は考えて、それとなく打診してる。」
リーダーのこの言葉で動き始める。
内々のサプライズを受け入れてくれる団体さんからokの打診。
そしてこの日を境に、悪戦苦闘が始まる。

交流会参加者さんへの説明と日程。

個人・団体さん共に早くからスケジュールが決まってる。
特に秋から冬はイベントが多い上に、日にちが被っていて
りんりん交流会参加者さん、スケジュールがまる被りで直前まで
参加できるかわからない、しかもインフルエンザが猛威を振るい
先行きに暗雲が立ち込める。

サプライズなので何の発表もできない

音楽の講師の方がいたので音楽で決定。(無茶振り)
ダンスの講師の方もいるで振り付けを担当していただけると決定。(かなり無茶振り)
みんなで歌って踊って、音楽と賑やかな楽しいクリスマスの雰囲気を演出で
やる事が決まったのはいいけど、小さくてもが(4〜7人想定)裏目に働く。

何か記念になって、皆んなで楽しめる工夫を!

トナカイ、サンタ、スタイルで楽しさを演出してジャックしちゃおう!
伴奏などメドレーの譜面おこしを綱川さん(音楽ユニット たんぽぽ)
そして当日のピアノ担当。
皆んなが踊れるようにとフリ付けを考えて、工夫された上に
当日の振り付まで引き受けてくれた吉田さん(ニコママスタジオ
歌と司会進行を佐藤さん(te-tte tonerico)これにりんりん管理部から1人が決定。

助っ人隊の登場!!!

当日だけでも参加したいと練習日に来れなかった*綾華*さんがフルートで参加。
絶対音感をお持ちだそうです。りんりん交流会以外の場所では何回かお会いして
「笑ってる」イメージしか思い浮かばない明るい方。
和装が好きで、音楽が好き、色彩に魅せられ講師になる事を準備中。

当日朝に坂上さん(ママパパBOUSAIライフ)が「歌詞と振り付け知りたいです」と
参加のメール。びっくり!この6人が演者で初めての場に挑みました。

りんりん鈴

皆んなで一緒になって楽しめるようにと考えて作られた“りんりん鈴“
手首につけて鳴らしても良いし、記念のオーナメントになる様にも配慮されています。
付けられた名前も、団体名に因んでいい呼び名です。
サプライズ隊は演者だけではないのです、思いをよせて製作をしてくれた方々
前日まで参加予定でしたが、諸般の事情により断念された方々
全てが【りんりんサプライズ隊】です。

そして伝説へ・・・・

たった30分、そして永遠の30分へと
りんりん交流会サプライズ隊の“はじめの一歩“です。
今は記録が鮮明に残せます、そんな中で『初めはこんなのだったよね』
などと言って受け継いでいってもらえるものになっていくのか
それとも忘れ去られていくものなのか。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界観ようにここが歴史の分岐点
りんりん管理部も気持ちを引き締めて、伝えていけるように頑張ります。

結果は?ですか?

メンバーさんは、「素敵な笑顔に出会いました」
参加者さんは「楽しい時間をありがとう」と言ってました。
終わり良ければ総て良し、サプライズ隊のためにあった言葉です。

*綾華*さんの Instagram https://instagram.com/ayaka_onomik/

     りんりん管理部

コメント